スポンサード リンク

2011年09月02日

エネルギーの源、太陽光を使えれば




先日発生した東日本大震災の影響で、エネルギーの問題は今大注目されています。
そこで、がぜん注目を集めているのは太陽光発電です。
太陽光発電は自然エネルギーですから、そのほかの発電方法に比べても害が少なくて、環境に優しいのが大きなメリットになっています。
だから、「原子力発電をあきらめて太陽光発電にしよう!」という動きも大きくなっています。




けれども、そんな太陽光発電ですが問題点もあるのです。
それは、ほかの発電方法に比べても、かなりのコストがかかってしまうということです。
もしも発電コストがかかってしまったら、その電気料金が値上がりしてしまうことも十分に考えられますね。
そうなったら、私たちの毎日の生活に負担が大きくかかってしまうのです。




まったく環境に負担がかからない太陽光発電は、これからのエネルギーのことを考えた時には大きな魅力になっています。
そのために、ソフトバンクの孫正義社長も、太陽光発電を導入するのにかなり積極的になっているのです。





また、自治体の中にも、原子力発電には頼らないで太陽光発電をこれからは使っていこう!という考え方も広がっています。
あなたは、いかがでしょうか?
太陽光発電のコストがかかってしまうことを考えても、取り入れた方がいいと思いますか?
posted by じゅんず at 13:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサード リンク

取引機能で比較
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。