スポンサード リンク

2011年07月30日

夏にうなぎを食べるということ


日本人に昔から親しまれていて、暑い夏のスタミナ食と言ったらうなぎがあります。
あなたはうなぎが好きですか?
最近は日本国産のうなぎは減っていて、台湾産や中国産のうなぎが増えています。
けれども、今年はその台湾産や中国産のうなぎも不漁であまり取れていないということです。
そのために、日本のうなぎは品薄になっていて、値段も高くなっているそうです。






日本には、昔から土用の丑の日があります。
この日にはウナギを食べてスタミナをつけよう!ということになっています。





昔は、暑い夏場にスタミナがつく食事はうなぎぐらいしかなかったのです。
お肉もなかったですし、食べられるものが限られていたからです。
けれども、今では様々な料理が食べられるようになってきました。
うなぎを食べなくても、他にもスタミナ食があります。




そのために、うなぎが嫌いであまり食べないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?
特に、女性の方や若い方にはうなぎを食べない方も目立ってきています。





あなたはいかがですか?
土用の丑の日には、うなぎを食べていますか?






土用の丑の日は1年で最も暑さが厳しいころで、そのころにスタミナの付くうなぎをいただくのは先人の知恵だったのです。

posted by じゅんず at 13:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサード リンク

取引機能で比較
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。