スポンサード リンク

2011年07月29日

食中毒の危険


夏になって暑くなってきたら、食中毒には注意をしましょう。
最近では、外国から輸入されてくる食材も増えてきました。
そんな中には、今までにはなかったような食中毒の原因にもなってしまう菌が含まれている危険性がありますから、十分に気をつけたいですね。





特に、食中毒で注意をしなくてはならないのは生ものです。
夏になったら、あなたが生ものを食べるときには、食中毒の危険性があることを認識していたらいいでしょう。
食中毒にならないようにするためには、生ものはできるだけ食べない方がいいですね。
そうでなかったら、いつ食中毒になってしまうのかが分からないからです。





食中毒の菌は、十分に加熱をしたら死んでいくのです。
だから十分に加熱をしたものを食べていたら、食中毒になってしまう可能性も少なくなります。
夏場に生ものを食べたくもなりますが、あなたの健康のことを考えたら、生ものは控えめにしたいですね。





また、食事の前には食中毒の予防のために、手を洗ったりうがいをすることも忘れないようにしましょう。
手を洗ったりうがいをしたら、かなり食中毒になってしまう危険性が予防できるからです。
特に、抵抗力の弱いお子様や高齢者の方は十分注意をしたいですね。
posted by じゅんず at 13:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサード リンク

取引機能で比較
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。